いつも、ビールがそばにいる。ビールがもっと好きになる、ビール情報サイト

beer365 magazine ビアサンロクゴ

著 者

  • 貴戸“トム”光彬

    貴戸“トム”光彬

    この著者の記事一覧

    beer365代表。海外で18年間過ごし日本へ帰国。音楽業界で8年勤め、現在貿易関連会社勤務。2010年、仕事がきっかけでクラフトビールと出合う。日本地ビール協会( JCBA)認定ビアテイスター、ビアコーディネイター。

  • 佐藤翔平

    佐藤翔平

    この著者の記事一覧

    ビアジャーナリスト。酒類に詳しくなる為にビールから飲み歩き始め、その多様さに魅了される。飲食店勤務の傍らティスティングを行い、その記録は500を超える。JBCA認定ビアテイスター。ジャパンビアソムリエ協会(JBSA)認定ビアソムリエ。

  • SHIBU

    SHIBU

    この著者の記事一覧

    ビアフォトグラファー。ビアテイスター、ビアジャッジ、ビアソムリエを取得し、審査会やイベントを通じてビールの知識、仲間との交流を深めている。ビールと写真をテーマとしてビールの魅力を伝えていきたい。

  • 千田 晋

    千田 晋

    この著者の記事一覧

    「Brewer's Beer Stand 34」オーナー。映画業界を経てクラフトビール業界入り。ブルワーとセールスに従事し、クラフトビアバーをオープン。海外在住時に魅了されたビールの自由さを、様々なカルチャーを交えて多くの人に伝えたい!

  • 野田幾子

    野田幾子

    この著者の記事一覧

    beer365magazine編集長、日本ビアジャーナリスト協会副代表。各国のビール文化に興味を持ち、国内ビアカルチャー醸成に尽力中。好奇心旺盛。ビール×著名人を招いた他ジャンルのイベント開催、クラフトビール講座も。『極上のビールを飲もう!』シリーズ、『ビアびより』『日本のクラフトビール図鑑』ほか、企画・編集・共著多数。ビアコーディネイター、ビアソムリエ。

  • 林田貴志

    林田貴志

    この著者の記事一覧

    京都在住の会社員、3歳になる娘の父で、ルーツは九州(福岡×大分)。ブルワ―に憧れるメガネ男子。近年クラフトビールの魅力や可能性に気づき、妻と共にほぼ毎日ビール三昧。「日本の発酵文化」についても傾倒しかけている。

  • 若松 節

    若松 節

    この著者の記事一覧

    1986年、横浜生まれ。旅で出会ったビールをその土地の風景と共に写真におさめるビアフォトグラファー。24歳の時にビールの魅力に取り憑かれ、学生時代から好きだった旅にビールという楽しみが加わる。旅経験は国内全都道府県、海外は21ヶ国。「ビールは太る」と巷では言われるが、Bier loverたるものビールの量は減らさない! をモットーに、Bier loverの為のエクササイズ方法を考案中。